日本の歴史公園100選に栗林・玉藻・亀山公園

2006/12/20 19:26

 

日本の歴史公園100選に選定された亀山公園=丸亀市一番丁

 都市公園法施行五十周年などを記念して日本公園緑地協会などが設けた「日本の歴史公園百選」に、香川県内から栗林公園(高松市栗林町)、玉藻公園(同市玉藻町)、亀山公園(丸亀市一番丁)の三件が選ばれた。全国の自治体などが推薦した計百九十五件を対象に審査した。これを機に、各施設ともさらにPR活動や利用促進を図っていく。

 今年が都市公園法施行五十周年にあたるほか、古都保存法施行四十周年や国営公園制度制定三十周年の年でもあり、同協会や造園関係団体など十四組織が四月に記念事業の実行委を結成。百選はその事業の一環で、七人の委員による審査会(委員長・越沢明北海道大大学院教授)が選考した。

 八月から九月にかけて推薦を受け付け、国や地方公共団体が管理する公園を対象に実施。一体性、観光振興・地域振興、象徴性、良好な保全・管理―をポイントに選考した結果、日本三名園と称される茨城県の偕楽園、石川県の兼六園、岡山県の後楽園などを含む計百十二件が選出された。

 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。