香川県伝統工芸士とは (平成6年度創設)
1 目 的

 県指定の伝統的工芸品の製造に従事している技術者のうち、高度な技術・技法を保持する者を香川県伝統工芸士として認定することにより、その社会的評価を高め、伝統的な技術・技法の維持向上と技術修得意欲の高揚を図り、もって後継者の確保と工芸品の次代への継承に資することを目的とする。

2 認定の要件
   県指定伝統的工芸品の製造に従事している者のうち 
 @ 高度の技術・技法を有していること。
 A 実務経験年数が20年以上(著しく技術が優れている場合は12年以上)あり、現在も直接製造に従事していること。
 B 伝統的工芸品の振興事業の推進に貢献していること。
 C 高潔な人格を有すること。

3 認定の方法
 市町又は法人格を有する組合からの推薦に基づき、書面、現地調査等を行ったうえで、「香川県伝統的工芸品産業振興協議会」の意見を聴き、知事が認定する。 なお、認定者には、認定証と伝統工芸士章(盾)を交付する。

伝統工芸士章(盾)

伝統工芸品 Top へ
香川の伝統的工芸品のHP

香川県伝統工芸士一覧     36品目132名中18名死去のため、現在114名 (平成19年4月1日現在)
品目名 平成20年度
平成19年度
平成18年度
平成17年度
平成16年度
平成14年度
平成13年度
平成12年度
平成11年度
平成10年度
平成9年度
平成8年度
平成7年度
平成6年度
香川漆器   山本務(高松市) 大西道教(高松市)
佐々木賢治(高松市)
旭 幸延(高松市) 岡田 哲夫(高松市)
十河 一(高松市)
西岡喜三郎(山本町)
18名
松下勝美(高松市) 鶴身政彦(高松市) 長尾義明(高松市) 森 健美(高松市) 西岡昭尚(高松市)
松尾圭一(高松市)
豊島 茂(高松市) 大江準治(高松市)
中村正勝(さぬき市)
遠藤勝(高松市) 後藤昌基(高松市)
讃岐桶樽           高尾泰則(高松市)
中村茂一(高松市)
1名
組手障子 山岡孝雄(高松市)
生島直樹(高松市)
  柴野 武(高松市) 吉川勝徳(高松市)
木内久夫(志度町)
和泉八郎(牟礼町)
森 常隆(香川町)
8名
欄間彫刻      山本忠重(高松市) 宮西徳行(高松市)
小比賀 正(高松市)
長尾武美(綾歌町)
北山静雄(高松市)
土居武義(高松市)
川人三郎(観音寺市)
土居武義(高松市)
浅倉 理(高松市)
8名
肥松木工品         山田恭敬(高松市) 有岡良益(高松市) 2名
志度桐下駄 山西就治(さぬき市)      吉井賢治(牟礼町) 山西 弘(志度町)
小松 正
(志度町)
2名
讃岐一刀彫      尾後英幸(琴平町)
嵯峨山 登志雄
       (琴平町)
上野 勲(琴平町)
青山憲政(琴平町)
造田一夫(琴平町)
上野俊之(琴平町)
野田栄広(琴平町)
奥田義明(琴平町)
西山 正(琴平町)
大西義高(琴平町)
安田三千雄(琴平町)
平田正一(琴平町)
真鍋鶴一(琴平町)
山中 篤(琴平町)
細谷一男(琴平町)
15名
長火鉢       西影正則(高松市) 石原淑生(仁尾町)
一閑張・一貫張           宇野雄三(坂出市)
西谷 健(丸亀市)
1名
丸亀団扇   長戸幸夫(丸亀市) 牛尾定男(丸亀市)
角井義数(丸亀市)
早川喜三子(丸亀市)
茂木達雄(丸亀市)
高出雅之(丸亀市)
西本多喜男(丸亀市)
富羽昇三郎(丸亀市)
5名
古式畳 飯沼和代(高松市) 田所 昌(琴平町)
田中正明(さぬき市)
藤田順久(多度津町)
山下光一(国分寺)
黒田幸一(さぬき市)
徳山 實(坂出市)
   飯沼 博(高松市) 9名
岡本焼         詫間貞利(豊中町) 0名
讃岐装飾瓦   神内俊二(三木町)   荒川 博(綾南町) 林 清正(綾南町)
藤川信雄(高瀬町)
2名
庵治産地石製品 白井保浩(高松市) 溝渕清美(牟礼町) 和泉良照(牟礼町) 白井文雄(庵治町)
岡田一郎(牟礼町)
村井重友(庵治町)
磐田一輝(牟礼町)
坂本 清(牟礼町)
高橋 弘(牟礼町)
7名
打出し銅器         大山柳太(高松市) 1名
左官鏝     中村 照則(高松市) 大熊 綽(高松市)
植松輝義(高松市) 
西村好春(高松市) 3名
讃岐鋳造品          原 長生(山本町) 1名
多保織         岩部卓雄(高松市) 1名
讃岐のり染   池内 稔(高松市)     大川原 静雄(高松市) 3名
讃岐獅子頭       宮武 悟(高松市) 宮武正友(高松市)
松下芳夫(善通寺市)
丸岡光信(三野町)
5名
金糸銀糸装飾刺繍       石川 稔(大野原町) 高木一彦(観音寺市) 2名
高松嫁入人形         大崎豊五郎(高松市) 1名
張子虎 田井艶子(三豊市) 三宅 修(三豊市)   真鍋佳則(仁尾町) 田井清己(三野町) 3名
讃岐かがり手まり   荒木永子(高松市)   山本泰江(観音寺市)
森 靖子(観音寺市)
荒木八重子(観音寺市) 4名
高松和傘       小西アサ小(高松市)   2名
手描き鯉のぼり       山下信一(坂出市)   0名
高松張子       乃村七重(高松市) 宮内マサエ(高松市) 2名
菓子木型       市原吉博(高松市)   1名
竹一刀彫       西村文男(三木町)   1名
桐箱     真鍋義昌(高松市)
浜本孝志(高松市)
道久常夫(琴平町)
    3名
香川竹細工   白井敏隆(さぬき市)       1名
節句人形   真鍋啓三(三豊市)       1名
(焼印)          黒川忠義(観音寺市) 0名
(手描き讃岐絵凧)         藤本 照(坂出市) 0名
(御厩焼)         山田清明(高松市) 0名
  平成20年度 6名
平成19年度 3名
平成18年度 5名
平成17年度 7名        

平成20年度 香川県伝統工芸士」 6名認定
 平成21年2月26日、香川県庁21階特別会議室において、「平成20年度香川県伝統工芸士認定式」が行われ、次の6名の方が認定され、認定証と伝統工芸章の楯が真鍋香川県知事より贈呈されました。
 今後のますますのご活躍を期待されています。



平成19年度 香川県伝統工芸士」 3名認定
 県指定の伝統的工芸品の製造に従事している方のうち、高度な技術・技法を保持している方5名を「香川県伝統工芸士」として認定されました。平成20年 2月 26日  県庁本館21階特別会議室にて行なわれ、真鍋香川県知事より認定証と伝統工芸士章(盾)が交付されました。
今年度の認定で、香川県伝統工芸士認定数は、累計(平成6年度から)で36品目(現在数33品目)、132名(現在数 114名)となりました。



平成18年度 香川県伝統工芸士5名認定
 県指定の伝統的工芸品の製造に従事している方のうち、高度な技術・技法を保持している方5名を「香川県伝統工芸士」として認定されました。平成19年 3月 8日(木) 15:00より県庁本館21階特別会議室にて行なわれ、真鍋香川県知事より認定証と伝統工芸士章(盾)が交付されました。
今年度の認定で、香川県伝統工芸士認定数は、累計(平成6年度から)で36品目(現在数33品目)、129名(現在数 112名)となりました
 



平成17年度 香川県伝統工芸士7名認定
 平成17年度香川県伝統工芸士として、香川県指定伝統工芸品の製造に従事している方々の中から、高度な技術・技法を保持しているとして、7名の方々が認定されました。この認定式が平成18年2月28日11:00より、県庁本館21階特別会議室にて行なわれ、真鍋香川県知事より認定証と伝統工芸士章(盾)が交付されました。
 今年度の認定で、香川県伝統工芸士認定数は、累計(平成6年度から)で36品目、124名(現在数109名)となりました。
Video (平成17年度伝統工芸士認定式の様子)[ 3分 ]
画像上で左クリック
伝統工芸品 Top へ