金毘羅参詣丸亀街道に点在する歴史的・文化的な資源を調査・整備し、地域の活性化促進及び観光振興に寄与することを目的として、「こんぴらさんへの道しるべ協議会」が平成16年2月、県及び沿道の関係自治体が中心になり結成され、活動を開始しました。

  (金毘羅参詣)丸亀街道マップ 完成 販売開始            詳しくはこちら

 「こんぴらさんへの道しるべ協議会」が、(金毘羅参詣)丸亀街道マップを製作し、販売(\100円/部)開始を開始した。丸亀市・善通寺市・琴平町・満濃町の市町庁舎、丸亀市総合案内所で販売中

  「平成の丁石」建立

 こんぴら街道の一つだった丸亀街道の道沿い4カ所に道しるべ「平成の丁石」が建立された。関係者らが27日、丸亀市内2カ所と満濃、善通寺の各所で記念式典を行い、新たな観光資源の誕生を祝った。

 建立したのは、丸亀街道に点在する灯ろうや茶堂跡など歴史遺産の調査、整備を目的に官民で組織する「こんぴらさんへの道しるべ協議会」(曽川昭男会長)。かつて丸亀街道沿いには約百五十本の丁石があったとされているが、道路の拡幅工事などによって次第に行方が分からなくなっており、同協議会が地域活性化の促進と観光振興を目的に、新たな丁石の建立に取り組んだ。

 丸亀街道は、丸亀城下町から城外へ通じる番所が置かれていた中府口(現在の丸亀市中府町)から琴平町中心部にある高灯ろうまでの約十二キロ。今回の丁石は、中府口を起点に五丁、二十丁、九十丁、百十丁(一丁は約八十メートル)の各地点に建立した。

 丁石は四本とも青木石製で、一辺二十五センチ、高さ百二十センチの四角柱。表面には丁数を彫り込み、ろうそくを立てる場所には京極藩の船印を入れた。また、側面には「こんぴら街道」の文字や、中府口から高灯ろうまでの総距離と丁石がある地点の距離数などを示した。

 この日、丸亀市中府町では五丁石の建立記念式典があり、曽川会長や県観光振興課職員ら約二十人が出席。関係者八人で除幕を行った後、新井市長が「香川にしかない観光資源を一層アピールしてほしい」と祝辞を述べた。
                             四国新聞 2005年1月31日掲載

  こんびらさんへの道しるべ協議会会則(案)
     
名称
第1条 本会は、こんびらさんへの道しるべ協議会と称する。
目的
第2条 本会は、金毘羅参詣丸亀街道(以下「こんびら街道」という。)に点在する歴史的・文化的な資源を調査・整備し、地域の活性化促進及び観光振興に寄与することを目的とする。
事業
第3灸 本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(l) こんびら街道資源の調査・研究及び整備に関すること。
(2) こんびら街道の宣伝及び誘客に関すること。
(3) その他、本会の目的達成のために必要な事項を実施すること。
組織
第4条 本会の会員は、香川県、丸亀市、善通寺市、琴平町、満濃町並びに本会の目的に賛同した個人、各種団体及び学識経験者をもって構成する。

     平成16年度事業計画(案)
1.概要
 昨年3月高松自動車道が開通し、ますます四国の高速交通ネットワークが進行している。しかし、近年歩きお遍路さんが増加、ツーデーマーチ等ウオーキングの興隆、飯野山への里山歩きなど障康志向型の観光や城めぐりなど歴史、文化、食に重点をおいたツアーが人気を呼んでおり、従来の高速でのあれもこれもの名所めぐりから一つの趣味や興味に的を絞ったスローな観光も好評を得ている。
 また、一昨年発表された観光香川21戦略会議においては「歩きたくなる丸亀街道プロジェクト」事業の実現が提唱された。また、街路事業街路整備方策報告書にもあるようにかつて非常に盛んだった金毘羅参りの風情を今も色濃く残す金毘羅参詣丸亀街道は全国に誇れる1級の観光資源である。そこで、歩きたくなる街(道)を復元させるための仕掛けを丸亀街道に具体的に作っていくことが今こそ強く求められている。
 さらに、今年は、33年に一度の金毘羅宮の平成の大遷座祭が行われる年であり、瀬戸内海国立公園指定70周年でもある。
 こうした中、こんびらさんへの道しるべ協議会では、金毘羅参詣丸亀街道に関連するこの地域を全国に紹介するチャンスととらえ、周辺の関係者への聞き取り調査や研究、県内外への情報発信、歩いてもらうための基盤整備を関係機関と協力し積極的に行うとともに、地元や倉敷市等広域の協力を得ながら関連イベントの実施や支援を行うなど以下の各種事業を実施します。

2.事業内容
 (1) 観光資源の発掘
 (2) 情報の発信
     歩きマップ、パンフの作成と配布
     行政、観光協会ホームページとの連携の推進、報道媒体の利用促進
 (3) こんびら街噂の道しるべとしての基盤整備
     丁石等の返還、新しい丁石等の設置
     安全に歩ける道路づくり(歩道)
 (4) こんびら参りに関連したイベントへの支援
     @土曜探検学校:3月20日(春分の日)への支援
     Aゆが、こんびらさん両参り&まるがめ湊への支援
 (5) 地元、広域との連携・協力体制の確立
     地元自治会との協力の推進・さぬき瀬戸大橋広域観光協議会との連携