旧金毘羅大芝居 [金丸座] 国指定重要文化財


 旧金毘羅大芝居は、天保6年(1835)に建てられた、現存する日本最古の芝居小屋です。
 江戸時代中頃から金毘羅信仰が全国的に高まり、年3回(3・6・10月)の「市立ち」の度に仮設小屋で歌舞伎などの興業を行っていました。しかし、だんだんに門前町の形態が整ってくるにつれて常小屋の必要性と、また一方その設置を望む多数の庶民の声を反映し、高松薄寺社オより許可を契機に、当時、大阪三座の一つ大西芝居(後の浪花座)を模し、富籤(現在の宝くじのようなもの)の開札場を兼ねた定小屋として建てられました。
 小屋の名称は所有者が変わるたびに変更し、明治33年に「金丸座」と改名した後は現在でもこの愛称で親しまれています。
 昭和45年に「旧金毘羅大芝居」として国の重要文化財に指定され、昭和47年から4年間の歳月をかけて現在の場所に移築復元しました。(元の場所は、現在琴平町立歴史民俗資料館が建っているところです)
 昭和60年から「四国こんびら歌舞伎大芝居」が開催され、四国路に春を告げる風物詩となっています。
 平成15年度に復原及び耐震構造補強工事(平成の大改修)が行われ、併せて調査中に発見された痕跡を検証し、これらの判明した「ブドウ棚」と「かけすじ」を復元し、より江戸時代の情緒あふれる姿に再現されました。
        「旧金毘羅大芝居パンフレット」より

 ●開館時間 /9:00 〜 17:00  年中無休  (催物開催日は休館となる場合あり)
 ●入場料 /大人 500円 中・高校生 300円 小人 200円  (団体割引制度あり)

 ●旧金毘羅大芝居管理事務所
    〒766-0001 香川県仲多度郡琴平町乙1241  TEL (0877)73-3846   周辺地図
    http://www.town.kotohira.kagawa.jp (琴平町ホームページ)
 ・四国こんぴら歌舞伎大芝居 についてはこちら(琴平町HP)
 ・平成17年 第20回四国こんぴら歌舞伎大芝居 [公演内容] (四国新聞HP)