これまでの放送 四国遺産
第27回 「仁尾八朔人形まつり」〜香川県三豊市仁尾町〜
2006年10月08日放送分






香川県の西部、三豊市仁尾町は9月になると大勢の人たちが訪れる。
みんなの目当ては「仁尾八朔人形まつり」だ。
町内、住宅の軒先などに作られる箱庭に「義経の八艘飛び」「水戸黄門漫遊記」「加藤清正の虎退治」など誰もが知っている物語のワンシーンが作られ、それらを愛でるというこのお祭り。

どれもが手作りで24か所もある箱庭を町の佇まいを楽しみながら見物する。
仁尾町の人たちの温かさをとても感じられる祭りだ。
2003年には「ふるさとイベント大賞」の最高賞を受賞した。

実はこの仁尾町、1579年3月3日に土佐の長曾我部元親の侵攻に遭い、この町を治めていた仁尾城が落城。
以来、城主の命日となった3月3日には雛祭りは行わず、八朔の日(旧暦8月1日)に男子の節句と合わせて女子の雛節句も祝うようになった。
祭りの会場でもそんな不思議な光景を見ることができる。

※今年の仁尾八朔人形は9月24日で終了しました。


特集
Copyright(C) 1997-2006, Nishinippon Broadcasting Co.,Ltd. All Rights Reserved.